自宅出産体験記:ぎりぎりまでお腹の中にいた意味を考えてみた | hinaさん

出産日:2020年2月7日

himaさんの自宅出産体験記シリーズはこちら


41週4日、入院になるかもしれない

本当にぎりぎりまでお腹にいて出てきた娘。

ぎりぎりまでお腹の中で粘っていたのには2つ意味があったんです。

①できるだけ大きくなってから出てこようとしていた!

上2人とも、最初母乳がなかなか出なくて
体重の増えが悪く苦労したので、
小さく生まれると母乳が吸えず、
体重が増えなくて苦労すると思っていました。

そのため、お腹の中にいるとき、

「お腹の中でしっかり大きくなってから出ておいでね」

と話しかけてたんです。

 2930gと週数の割に小さめで生まれた娘。

ママのいうことをきちんと聞いてくれたんだ!と感動キラキラ

小さめだけど、お腹の中にいた期間が長かった分
哺乳力はしっかりありますウインク

②ママの貧血が治るのを待っていた!

妊娠中は貧血で、12月末の採血でHb9.9まで下がってしまいました。

1月10日に鉄剤を処方されたものの、妊娠中に薬を飲むのが嫌で、

(処方された薬が真っ赤な錠剤で、
合成着色料が使われてて飲む気にならなかった、、)

父のヘム鉄のサプリを増量して飲み始め、
もちあわや切り干し大根、ひじきなど
鉄分を意識して摂って、貧血改善に努めました。

1月28日 Hb10.9 まで回復。

助産師さんにはHb11.5くらいあると安心と言われたので、
1月10日のHbが9.9だったとして、18日間で 1 上がったから、

比例的に上がるとするとあと0.6上げるためには約10日。
(こんな計算もしちゃうリケジョです笑)

1月28日からまさに10日後の、2月7日に生まれてきたんです!
これ計算した時に、

「うわ、めっちゃ賢いやん、この子~~爆  笑」って感激しました!!

(ちなみに2月6日に陣痛来てから
どこまであがってるか確認のために採血してもらい、
結果はHb11.2でした)

出産時出血が多く(900ml超)、出産日の入院時Hb9.6、
産後5日でHb9.3まで下がってましたゲッソリ
これ、貧血が改善してない状態で生まれてきてたら
もっと下がってしんどかっただろうなタラー

きっと出血が多いのも見越して、
貧血を少しでも治してから出てこようと
ぎりぎりまで粘ってた!
なんてママ思いな子なの~ラブ

赤ちゃんは自分で生まれるタイミングを
図って出てくると言うけれど、この子もいろいろ考えて、

ギリギリまでお腹に留まって、でもちゃんとママの願いも聞いて

自宅で生まれてきてくれたんだなぁ〜
って、ホントに感動ですキラキラ

掲載元はこちら

関連記事

最近の記事

  1. 濃厚接触者の可能性が0ではない私の出産レポ〜出産編1〜|ちゃんあや

  2. 濃厚接触者の可能性が0ではない私の出産レポ〜出産編2〜|ちゃんあや

  3. 【出産レポ1】破水騒動|アキコ

  4. 【出産レポ2】止まらない前駆陣痛|アキコ

  5. 【出産レポ3】我慢できる痛みだったけど・・・|アキコ

  6. 【出産レポ4】破けない袋|アキコ