ソフロロジー出産レポート①|ちぐさん

初めて妊娠したのは、28歳の夏。
同世代で周りに仕事をしながら育児をしている人が少なく、
右も左もわからない中、
ソフロロジー式分娩の存在を教えてくれたのは、
仕事のつながりで出会った田中美帆(MIE)さんと、マネージャーのなおさん
でした。

「ソフロロジーの出産、めっちゃえぇよ!イチローがやってる精神統一
みたいな感じ!」
え、ソフロロジー?ソフトクリームみたいな名前やけど、具体的に何がいいの?
と分からないことだらけ。
調べてみると、以下のようなものでした。

《ソフロロジー式分娩とは?》
・ 陣痛の痛みを緩和できる
・ 陣痛が恐怖ではなくなる
・ リラックスでき、妊娠中もお産もおだやかでいられる
・ 呼吸法のおかげで分娩がスムーズに進行する
・ お産だけでなく、産後の育児も前向きになれる

参照:オーククリニックフォーミズ病院

経験者に出産ってどう?って言う話を聞くと、
「股が裂けるかと思ったわ!実際、めっちゃ裂けたわ!」
「人生で一番痛いで…!」
という感じで、とにかく大変な印象しかないんですよね…。
だから、ソフロロジー式分娩の特徴を知ったとき、これ最高やん!って
思いました。
結果的にソフロロジーで産んで、めっっっちゃ良かったです。
確か輸血の必要も無く、産んで10分後のご飯は完食し、その後のトイレも
スタスタ歩いて行けました。

ソフロロジーを知らなかった時の私は「痛いの怖いし、フリーランスだから
早く仕事もしたいし、回復が早い無痛分娩がいいかもなぁ〜!」とボンヤリと
した考えで、どちらでも選べるように無痛分娩の事例が多くてカード払いが
できるというだけで病院を選びました。(ベッドがテンピュールというのも
最終的な決め手w)

しかし、無痛分娩のリスクや過去の事件、必要経費(平均30万〜程度)が
必要なことも知り、それならば、痛みに耐えるしかないのか…!と腹を
くくろうとしていた時に、痛みを痛みと感じないで済み、回復も早いという
ソフロロジー式出産を知ったので、これぞ天の助け!
私ソフロロジーで産むわ!と即決したのでした。笑

早速、担当医師にソフロロジー出産できるかと聞いてみたら
「最近はそんなのどこもやってませんよ〜!」と苦い顔をされて、大ショック!
また転院しようかな…と考えたけど、MIEさんのブログを読んだり、
友達に相談したら自己流でもできるで!とのことだったので、さっそく本を
買ってイメトレを開始したのでした。

《ソフロロジー式出産に向け、妊娠中にやったこと》

  • マタニティーヨガ
  • ソフロロジーの本を買って、呼吸法の練習。▶︎この本を購入しました。
  • お腹にひたすら喋り掛けて絆を深め、出産の流れをイメトレ&自己暗示
  • メルカリでソフロロジーのCD購入(本で紹介されてたやつ)
  • リラックスできそうな二階堂和美さんの曲をiThunesに入れてプレイリストを作る


ズボラすぎて、ヨガに通ったのは1回だけ(もっとやっておけば良かったかも)
あとは、妊娠9ヶ月になってからYouTube見ながら家で2日に1度ほど、
お風呂のあとに。
胎児ネームを「ひーちゃん」と名付け(お腹にひきこもっているの意味)
ひたすら「生まれる時は右旋回やで〜。スルスル〜ポン!って
生まれるねんで!
「ハリーさん(夫)が家にいる時に生まれてね〜。」
「いつもニコニコ笑顔が一番〜、夜泣きしないでね〜」
「ほら・・・痛くない…。」
など呑気にナウシカごっこを楽しみながら毎日同じことを呼びかけてました。
こうすることで、自然と母性を醸成できるので育児もストレスなく
できるんだそうです。

ソフロロジーの呼吸法は、鼻から吸って、口からゆっくり吐く!!!!
ヒッヒッフー!という有名なラマーズ法は体に力が入る呼吸法なので、
痛みがダイレクトに届くんだそうです。
ソフロロジーの呼吸法はざっくり3通りくらいあるんですが、出産の時
だけじゃなく普通に痛い時も使えます。(後陣痛の時も使えたので、
良かったです!!!)

《ざっくり分かる!ソフロロジーの呼吸法》
 ①ちょっと痛いとき

 1・2で鼻から息を吸い、3・4で肺を膨らませ、5〜10でゆっくり吐く。
 ②まあまあ痛いとき
 赤ちゃんに酸素を送るイメージで息を吸い、ろうそくの火を揺らすように
息を吐く
 ③最高潮に痛いとき
 腹筋を使って、ゆっくり吸った肺の中の酸素を全部ゆっっっっっくり吐く!

正しい体の使い方と、次の呼吸に移る時のコツなんかも紹介されてるので、
詳しくは、こちらのYouTubeを見るべし!!!!!!!

まぁでも正直、こんな呼吸法とイメトレだけで乗り越えられんの…?
っていう不安もありつつ、2週間先に出産した友人の「正直死ぬほど
痛かったけど、乗り越えられない痛みではなかったから頑張れ!」という
言葉を胸に刻み、本に紹介されていた、いきみを逃すポーズなどを練習
しつつ過ごしていました。

医師には否定されましたが、助産師にバースプランを伝える際に
ソフロロジーで産みたいと伝えたら「ええやん!」と言われたので、ひと安心w
(もしダメだった場合、私が購入した本を書いた著者の方がその病院に
ソフロロジーの事を説明して掛け合ってくれることもあるみたいですw)

そして、出産予定日が近づいた頃・・。
安産ラズベリーティーを毎日がぶ飲み。散歩ついでに無駄にイオンに行ったり、焼肉食べに行ったり、断捨離&雑巾掛けしたり、階段を上がったり降りたり…。思い当たること全ていろいろやったのですが、全く生まれる気配がなく予定日
から3日が過ぎた日に「ちょっと痛いかもだけどね〜☆ミ」と、軽いノリで
内診グリグリをされて悶絶しました。(病院って癒してくれる場所だと
思ってたのに、思いっきり傷つけられて地味に超ショックでした)

その後、生理のように血が止まらず、鈍い腹痛を抱えたまま2日が過ぎた頃、
ようやく陣痛がきたのでした…。

ゆる〜い自己流妊活の末の初めての妊娠で、風疹の抗体が無かったものの
本当に何事もなく、仕事仲間にも沢山気を使ってもらったおかげで、のびのびと
過ごせた上に出産方法を自分で選べた私は本当に本当にラッキーだったと
思います。でも、初産でソフロロジーを選んで産んだ方の詳しいレポートが
少なくて不安だったので、誰かの小さな命が生まれてくる日を素敵に
過ごしてもらうために書き留めておこうと思いました。

次回、時系列でレポートします!


転載元はこちら

関連記事

最近の記事

  1. 濃厚接触者の可能性が0ではない私の出産レポ〜出産編1〜|ちゃんあや

  2. 濃厚接触者の可能性が0ではない私の出産レポ〜出産編2〜|ちゃんあや

  3. 【出産レポ1】破水騒動|アキコ

  4. 【出産レポ2】止まらない前駆陣痛|アキコ

  5. 【出産レポ3】我慢できる痛みだったけど・・・|アキコ

  6. 【出産レポ4】破けない袋|アキコ