【帝王切開】第一子の妊娠から出産まで#1



前の記事でもちらっとお伝えしてありますが
とにかく、我が家の子供達は病弱。

でも特に病弱なのが第1子である長男です。

長男が誕生するまでの妊娠期からのお話を
今回は書きたいと思いますが…
先にチラッと親である私たち「夫婦」に関して。

お話自体も長くなるため、数回に分けてお話しします♫

私が主人とお付き合い始めたのが2013年。
主人が年上。干支が一緒という、一回り差夫婦。
付き合ったのだって19歳と31歳だったと思います。笑

ちなみに主人のご両親はというと…
有難いことに、付き合った当初から大喜び。
(「こんなに若い子拾ってきて!大事にしなさいよ!」とか
言っていただけていたので、反対とか一切ありませんでした。)

当人たちよりも大はしゃぎな、ご両親。
もはや何故か「結婚前提」ということになっていたので
19歳ながらに「この人と結婚するのか」と思いながら
毎日過ごしていきました。軽い洗脳?笑

一方で私の両親からは「こんなに年上でいいのか」
「言い方悪いけど、この歳になって結婚していないということは、
それ相応に何か問題があるからだぞ。わかっているのか」
などなど。本当に何度も聞かれ、なかなか話が進まず。

でも2人で認めてもらえるように一生懸命頑張り
付き合って半年で我が家へ挨拶に来てもらい。
付き合って1年で両家の顔合わせから
付き合って2年で結納に辿り着き。
色々乗り越えて、2015年3月夫婦になれました。

そして驚きなのが!(私たち自身が1番驚いた)
入籍した翌月に妊娠発覚したんです。笑

妊娠から出産前までに25キロ太りました。
ちなみに、付き合ってから入籍まで8キロ増。

トータルすごい事になってます。
私の面影はどこへ。あれ、おかしいな。苦笑

入籍が決まった頃には「幸せ太りだよ〜」
なんて笑ってくれてた方々の冷たい眼差し。苦笑

さて。本題に入りまして!

初めての妊娠発覚は、入籍して約1ヶ月後。
入籍してからはじめて主人のご両親から
電車で少し一緒に出かけましょうねと
声をかけてもらい、喜んで行きますと!

主人・私・主人ご両親の4人で行きました。

その時に、散歩の延長のような感じで
てきとーに電車乗って降りた駅で
おしゃべりしながら歩いて休憩する感じ。

でも、実際はたかが平坦な道のりを
ただただ歩くだけだったのに、だるい。
なんか生理直前のような感じというか。

何もせずに座っていれば、楽。
「なんか変だな」という感じでした。

それが数日続いたので風邪でも引いた?
なんて思っていたら主人が
「まさかのもう妊娠したとか?笑」
と言われたのではじめて検査薬購入。

検査してみると本当に妊娠してた!
という感じでの妊娠発覚でした。

驚きながらも婦人科に受診予約して。
いざ受診してみると…妊娠6週でした。

まだ心音は確認できないからまた2週間後。

妊娠8週で受診して心音確認できましたが
下腹部痛が続いていたこともあり相談。

結果的に診断名が「切迫流産」でした。
絶対安静とまではならなかったけど
なるべく安静にしててくださいね、と。

でも仕事もしてたので難しかったですが
安静を意識する前に少し動くと
身体がだるくて下腹部痛もあったので
「辛いから休む」感じでした。

なんとか切迫流産から脱出してからも
つわりがひどいというよりは
動くと身体がだるくて痛むため
なかなか動けない日々。やっと安定期。

この時期まで体重も増えなかったのに
トントン拍子に体重が増え、毎回注意される始末。
何回も食事指導という名の注意を
検診後に別室へ呼ばれて毎回指導でした。

「1週間毎日何を食べたか全部表にしてください」
と言われたり。本気で覚えてないのに
「ここで嘘ついてももう遅いからね〜」
なんて言われたり、結構地獄でした。笑

定期的に出産まで3回も妊娠糖尿病の検査。
でも全て陰性でしたよ。
血圧も高くても115/70くらい。
低ければ95/45とか。低すぎらしい。笑

検尿も一度も引っかかりませんでした!

あとは妊娠中ひどかったのは
とにかく後期になればなるほど足のむくみ!

有難いことにお腹の張りはそこまで感じず。
でも太りすぎて普通に歩くのも息切れ、しんどい。
もはやここまでくれば、ただのデブ。

挙げ句の果てに25.5だった靴のサイズが
主人の28.0クロックスを借りて良い感じ。苦笑

指輪なんか安定期入った頃には
すでにきつくて外しちゃってました!

そんなただのデブと化した私の
妊娠生活39週6日目の検診日
担当医に言われた内容が強烈すぎました!

「お母さん体重太り過ぎ。赤ちゃんデカすぎ。もうこれ以上育たなくていい。
お腹で育てる必要もない。何してでも赤ちゃん出す気持ちでいてね。
帰宅したらスクワットでも。重い物持っても。なんなら走ってもいいよ。
お腹張っても気にしなくていいから。とにかく陣痛を促してください。
早く産もうね」

もはや呆れられたのかな、もう。笑

赤ちゃんは確かにデカかった。
推定でも4000以上あると言われ。

そんなこんなで急に陣痛きても怖いし。
1人だから嫌だったので、主人が仕事から帰宅。
ご飯やシャワーなど全部終わった後
22時頃から言われたままスクワット開始!

正直デブすぎてスクワットという
スクワットができてたか覚えてないけど
とりあえず50回達成したんです。

でもしんどいだけ。
お腹の張りはある程度あるけど全然。
これ意味あるのかな?疲れた。
と思いながら汗もかいたし2回目シャワー。

シャワーも浴びてスッキリ。
とりあえず翌日は出産予定日当日だし
もうすぐ日付も変わりそうな時間だし
一応寝ようとベッドに横になる。

でも何故か目がギンギンでちっとも眠くない。

携帯いじってて、ふと寝返りを打った瞬間
「バシャッ」と大量の何かがシーツの上に…!

今回はここで終わり。宜しければ次回もどうぞ♫

ありがとうございました(^ ^)!






掲載元はこちら

関連記事

最近の記事

  1. 出産後のリアルな生活【①赤ちゃんってこんなに寝ない?】 

  2. 【コロナ禍】濃厚接触者の可能性アリで、入院・出産へ

  3. 【コロナ禍】濃厚接触者の可能性アリで、入院・出産へ・続編

  4. 【普通分娩】はじめての出産。破水かと思ったら…

  5. 【普通分娩】はじめての出産。止まらない前駆陣痛

  6. 【普通分娩】はじめての出産。これが陣痛? 半信半疑