【普通分娩】立ち会いなしの初産。ソフロロジー呼吸法とアロマで乗り切った陣痛―後編―

 コロナ禍の出産では、計画分娩の入院一週間前にPCR検査(無料)が必要でした。結果が出ないうちに入院になったので、自費で抗体検査をすることに。しかも、旦那さんは病院内に入る事さえできず、玄関でさようなら。。
いよいよ出産です。\(^^)/面会も立ち会いもなし。一人で初めての出産が始まります。
前の記事はこちら⇒【普通分娩】立ち会いなしの初産。ソフロロジー呼吸法とアロマで乗り切った陣痛―前編―

【目次】
1.本陣痛がきた
2.促進剤使用中の本陣痛で学んだこと
3.分娩室
4.子宮口全開
5.分娩で学んだこと

1.本陣痛がきた

 夜寝ようとしたけれど、何回かトイレに行きたくなり落ち着かない。0時を過ぎてから、腰から下に鈍痛。なんて表現したらいいかな。とりあえず生理痛みたいなんだけど、横になるより、立ってたり動いていた方が楽お尻までじわりじわり痛む。

「陣痛がきたらナースコールしてね!」と言われたけど、我慢してた。陣痛がきたら促進剤を打つうと言われて、恐怖だったから。気をまぎらわせて落ちついた時には、朝4時。素直にナースコールしました。
赤ちゃんに何かあってからでは大変なので、腹をくくりました。助産師さんに診察してもらったら、子宮口が開いてきたとのこと。
『今日の夕方までには産めそうだね!!促進剤を打ちましょう』
(T.T)(T.T)(T.T)(T.T)(T.T)(T.T)
促進剤のことをよく知らなかったけど、すぐに痛みが来るんじゃなくて、点滴のように身体に入れていくんですねー。しかも、たっぷり入った促進剤の袋が2つあるんですけど、、え!?
この液を2つ!?!全部使うの!?!

陣痛で痛みが増すけれど、その度に先生が「赤ちゃん、早くママに会いたいんだね!降りてきてるよ!おりこうさんだね!」と励ましてくれた。
そうだ、私が怖がったりしてはダメ。痛みをすべて受け止めようと覚悟を決めてからは、必死に赤ちゃんと一緒に分娩へ向けて戦っていました。とにかく、ナースコールを握りしめて陣痛と戦った。先生たちも忙しいだろうけど、容赦なく呼んだなぁ。

2.促進剤使用中の本陣痛で学んだこと

・ナースコールを遠慮しない

忙しいのはもちろん承知。だけど、付き添いなく一人でいるのは誰だって不安!
今は自分と赤ちゃんの事を考えて!!痛い時は「痛いです」だけでもナースさんが来てくれて、腰をゴリゴリ押してくれた。実際は、「痛いです」しか言葉が出なかったんだけど(笑)。

・タオルにラベンダーのアロマをつけて呼吸を整える

どうしても呼吸が浅くなり、痛みに集中してしまう。陣痛には波があるので、痛みが引いた時、タオルに付けたアロマの香りで心を落ち着けた。
あらかじめ用意しておいて正解。陣痛が強くなるたびに呼吸が乱れるので、陣痛中に用意するのは難しいかなぁ。

・ソフロロジー呼吸法を練習しておく

やっておいて本当に良かった。分娩台にあがってから、さらに強い陣痛の波がきた時にも、必死にソフロロジーを貫く!
陣痛から8時間程たち、子宮口が半分以上開く。ようやく分娩室に歩いて向かいました。この時も、なるべく平常心を保ったのだ!「分娩室いってきまーす(笑顔)」ぐらいは出来たかな。ナースさん達も笑顔で見送ってくれた。

3.分娩室

とにかく、呼吸法。呼吸法だけを続ける(TT)強い痛みの波が次第に、続々と押し寄せてくる。時計の針とにらめっこ。しかも、寝不足もあってか意識が朦朧としてきて大変。(笑)

私「痛いねー。痛いねー。」
——(*□* )zzZ——
私「あぁ痛い、痛い。痛いねー」
—–(*□ *)zzZ—–

ナースさん笑ってたけど、痛いねーって自分に言ってるの。痛いのを受け入れてる。痛いーって言うとホントに辛くなるから!!
子宮口ってすぐ開くものだと思っていたけど、分娩室入っても全開まで1時間はかかったかな。


4.子宮口全開

いよいよ子宮口全開!踏ん張るな!!待て!!と言われてた呪縛からやっと解放されると思ったのに。
陣痛の波に乗りながら、分娩台を壊してやると言わんばかりの馬力でソフロロジー呼吸法を続ける。
地球の裏側まで聞こえるんじゃないか?!と思うほど声を張った。人生で初だった。
分娩中には、コロナ渦だからちゃんとビニールが張ってあった!!

陣痛から9時間。赤ちゃんが出てこない。私の踏ん張りが足りない。産院へ来て初めて「もう無理かも」って思った。赤ちゃんを苦しめてるだけ。。自分の身体も痛い。いっそのこと、お腹を切って出してもらえたらと何度思ったことか。意識が朦朧とする中、ナースさんや助産師さんの励ましの言葉がホントに嬉しかった。踏ん張れー!!!

人生でこんな経験をできるとも思わなかった。そんな感動的な瞬間だってのに、産まれてきた我が子を見て出た一言は、
「大きいな!!!!」
アドレナリンが出すぎて興奮状態だからなのかな、涙は出てこなくて。ひとまず、無事産まれてきてくれた我が子を見て安心した。ホントに良かった。産めた感動をすぐに伝えたくて、会陰切開の縫合中に先生に許可をいただき、旦那さんとテレビ電話で話しました。
コロナ禍では立ち会い出産ができないので、出産後に電話をかける方もいらっしゃるみたいですよ。許可が出るかどうかは、産院の先生によるかもしれません。

5.分娩で学んだこと

①水分補給をする。ペットボトルにストローさして飲ませてもらっていたよ!
②ソフロロジー呼吸法はどんどん乱れていく。できなくなる。それでも、信じて呼吸を整える。
③体力をつけておけば良かったと思うけど、今出来ることをする!いざとなればできる。

陣痛から出産まで、9時間16分。気づきませんでしたが、吸引分娩でした。
同じ分娩方法はあるけど、出産で感じることは一人ひとり違うと思います。この経験が、どなたかのお役に立ったらと思います。

元記事:
https://note.com/1001sa/n/n4fc047214da1
https://note.com/1001sa/n/n9eb7c9850ca7

あわせて読みたい!

【ソフロロジー出産】ソフロロジーって? 調べて実践してみました

関連記事

最近の記事

  1. 【無痛分娩】出産予定日に“気胸”が再発した初産婦。4コマで伝える無痛分娩―費用・感想編―

  2. 【無痛分娩】出産予定日に“気胸”が再発した初産婦。4コマで伝える無痛分娩―出産編―

  3. 【無痛分娩】出産予定日前日に“気胸”が再発した初産婦。4コマで伝える無痛分娩―メリット・デメリット編―

  4. 【11月の葉酸レシピ】今が旬!「ブロッコリー」「ほうれん草」「桜えび」を使って

  5. 【アンケート回答でプレゼント】『ままごころ』から、オリジナルのマタニティマークキーホルダーをプレゼント

  6. 出産祝いにぴったり!ベビーフォトセット「ねころんフォト」新発売