【妊娠/出産】里帰り出産レポート#2 微弱陣痛と促進剤投与

どうも。みぃちぃままです。

先日に引き続き、長女生誕祭前ということで

長女を出産したときのことを思い起こして綴っていきます。

前回の記事はこちら。

とうとうきた陣痛!?え?微弱陣痛??

陣痛らしき痛みがきたので夜中4時ころ

母と妹と一緒に病院へ行きました。

病院につくと、個室に通され陣痛の間隔を図るために、NSTを着けました。

間隔は7分~10分間隔でしたが、痛みはそんなに強くありません。

助産師さんがきて、子宮口も確認されました。

「う~ん、0センチだね。まだビッチリ閉じてるよ。」

事前の母親学級で陣痛が強くなって子宮口が10センチまで開くと

産まれるってのを教えて貰っていた私はがっくり…

まだまだ産まれないんだろうなと思っていましたが

念のため、主人に病院へついたことを報告。

そのままNSTで記録を取りつつ、痛みに耐えていましたが

徐々に痛みが遠のき、うとうとできるくらいに…

間隔も10分~15分間隔となってしまいました。。

ときどき様子を見に来てくれる助産師さんに

「微弱陣痛になってるね~。」

「とりあえず、便秘みたいだし、浣腸しておこうか。」

ということで、人生初浣腸…

痛い、痛い、我慢できない、痛い…って感じでした(笑)

朝7時頃、朝食が運ばれてきました。

手を付ける元気はなかったのですが、少しでもたべてねという

看護師さんの言葉に、少しのおかずと牛乳を飲みました。

もうこの段階では痛みも弱いものが15分間隔くらいになっていて

やっときたと思った陣痛が微弱陣痛になってしまった…と落ち込んでました。。

そして、母と妹は仕事があるので、一度帰宅。

母は、「とりあえず仕事行って、引き継いだらすぐくるから!」ということで安心。

その後もひとりで弱い痛みに耐えたり、落ち込んだり。。。

陣痛促進剤投与!

9時になり、先生の診察となりました。

子宮口は相変わらず開いていませんでした。

しかし、先生から思わぬ言葉が!!

「 促進剤使おうか。 」

普通、予定日を大幅に超過したり、

微弱陣痛が何日も続いて、胎児に影響を及ぼす可能性がある場合

等に使うことがあったはず(多分)

なのに何故??

私の場合、母が助産師さんに自分の出産のときの苦労話をしたらしく

それが先生に伝わり、親子は出産も似やすいという先生の判断と

予定日でもあるので、もう産まれてもいいからということでした。

ちなみに 母の苦労話ですが

3人産んだけれども、3人とも微弱陣痛が数日続き

体力的にも精神的にもつらかったというもの。

陣痛促進剤ってどういうものなのか?

促進剤は投与することで陣痛が促されて、お産が進むというもの。

人によっては、効かずになかなか進まないこともあるようです。。。

先生にいろいろと説明していただいたのですが、痛みもあってあまり覚えてません(笑)

とにかく、この弱い痛みがずっと続くことを考えると

気が遠くなっていたので、早く産みたい一心で「お願いします!」

てことで、同意書?を書いて、促進剤を投与することに!

一度、病室に戻り、母と主人に連絡を入れてから

分娩室横の部屋に移動。いよいよ促進剤投与!となりました。

ここからは割とサクサク進んだのですが、

長くなってしまったので、また次回書きたいと思います。

掲載元はこちら

関連記事

最近の記事

  1. 産前産後の女性を支援する「出産保険」産婦人科医監修のもと新発売!

  2. 産後の授乳期用「吸水ブラレット」が、フェムテックブランド「Rinē(リネ)から発売

  3. ベビーギフトのMARLMARLから秋冬の新アイテムが登場!

  4. 出産準備リストの参考に。これいる?いらない?ママに聞くベビーグッズ3選

  5. 出産お祝いに。「KIJI ザ・ファーストスプーン」がクラウドファンディングを実施中

  6. 出産直後~産後4か月のママ・パパへ。“声”だけでできる、心身チェックのモニター募集