【無痛分娩】元編集部ママの出産レポート

※元編集スタッフの、のぞみの出産レポートです。

2021年1月30日に、2468gの女の子を出産しました!
皆さんのご参考になれば、と出産レポを書きました。
少し長くなってしまいましたが、もし宜しければお付き合いくださいませ。

【前提】

  • コロナ禍で、県外の夫は立ち合いなし。代わりに実家の母が終始付き添ってくれた。
  • 無痛分娩(日程を事前に決める計画のつもりが、予定より早く生まれたので、無計画無痛分娩)
  • 里帰り出産(予定日2ヶ月前から里帰り)
  • ダンス歴20年のお陰で、出産直前まで体しっかり動けていた。
  • 妊娠中の大きなトラブルなし。耳の閉塞感、胃の圧迫からくるゲップ程度。体重は産前の+7キロ。
  • 38週5日目で出産

□前駆陣痛

1/27

1/26の先生の内診の刺激からか、もうそろそろ出てきていいよ〜と赤ちゃんに伝えたからか、おしるしあり。

1/28

前駆陣痛らしきもの頻繁に起こる。
不定期で不規則。生理痛の強いやつくらい。
生理痛あまりない私も、耐えられるレベル。

1/29

昼から、お腹が痛むと動きを止めたくなる強さに。しかし不規則なので、前駆陣痛だろうと推測。その日も変わらずウォーキングに出かける。

本陣痛にはどのように切り替わるんだろう。

のぞみ
のぞみ

晩ご飯ももりもり食べるきにならず、夕食後は自室で動画を見ながら、痛みと闘う。

耐えられないほどではないから、前駆陣痛だと思って間隔計測はせず。

翌日来てくれる予定の夫に、お出かけまでは無理かも、ごめんねと伝えると、様子見ながら近くに一緒にウォーキングでも行こう!と言ってくれる。

寄り添ってくれる夫、優しい。

のぞみ
のぞみ

□本陣痛がくる

1/30

▶1:30

目をつぶって、またすぐ起きて耐えるの繰り返し。流石に頻繁だと思い計測すると、陣痛5分間隔。
本陣痛かわからなかったため、産院に電話するか迷うが、我慢できず電話。おしるしと陣痛間隔をヒアリングされ、入院セットを持って、来院してくださいとのこと。

いよいよ来たか。けど、間違っていて、帰されても嫌だな。

のぞみ
のぞみ

□入院へ

▶3:30

母に送ってもらい、産婦人科入り。
そのまま個室で入院。

朝の診察まで必死に耐える。
5分ごとの痛みに、見様見真似のソフロロジー呼吸法で乗り切る。
横になるか、はんなりママのように座るか悩み、色々体勢をトライしながら待つ。

朝の麻酔まで、5時間か、、
耐えられるかな。不安。
早く時間過ぎてくれ。

のぞみ
のぞみ

朝の麻酔まで、5時間か、、耐えられるかな。不安。早く時間過ぎてくれ。

1

2 3 4

関連記事

最近の記事

  1. 産前産後の女性を支援する「出産保険」産婦人科医監修のもと新発売!

  2. 産後の授乳期用「吸水ブラレット」が、フェムテックブランド「Rinē(リネ)から発売

  3. ベビーギフトのMARLMARLから秋冬の新アイテムが登場!

  4. 出産準備リストの参考に。これいる?いらない?ママに聞くベビーグッズ3選

  5. 出産お祝いに。「KIJI ザ・ファーストスプーン」がクラウドファンディングを実施中

  6. 出産直後~産後4か月のママ・パパへ。“声”だけでできる、心身チェックのモニター募集