【無痛分娩】第三子を無痛分娩で出産。自然分娩とはこう違った#3

最終会、無痛分娩レポート

3回に渡ってお送りした無痛分娩。

今回を最後にします。よろしければお付き合い下さい。

1回目:無痛分娩レポ、我が家のお産とその選択と

2回目:さぁ、陣痛がキター!!間に合うのか?無痛分娩

  1. 無痛分娩とは
  2. 無痛分娩のリスク
  3. 病院選び
  4. 無痛分娩の現実
  5. さぁ、陣痛がきたぞ
  6. 無痛分娩やりますか?やめますか?
  7. 間に合うのか無痛よ
  8. 麻酔科医登場
  9. 効くのか否か
  10. 子宮口10㎝
  11. 産まれました
  12. 普通分娩と比べて
  13. 産後の体力やあれこれ
ベビー用品

続きです。

麻酔科医の坂井先生は、私の隣で、

「もうすぐ効き始めますからね。」

と優しく教えてくれました。

まだかな・・まだかな・・

効くのか否か

経験された方なら分かると思いますが、

陣痛って、この世の痛みじゃないくらい、激痛じゃないですか。

#$%&$$#%*EOGEsもw・・!!!

言葉にならない文字化け並みの痛みがきていました。

地味な登場をした産婦人科の先生、

「うん。もうすぐだね。ペース早いね。」

と呑気な感じ。

元々のんびりした先生なのは知っていたけど、やっぱりお産でもそうなんだ。

とにかく、頼みます~~

あっ!また陣痛くる!!

構える。

いででで・・ん??

今回の陣痛、ゆるめじゃない?

隣にいる助産師さんと、坂井先生に、

陣痛が来ると思ったのに、来てないと告げました。

助産師さん「そんなことはないですよ。ちゃんと測定値には張りが出てますし。」

坂井先生「ぽにさん、麻酔、効き始めたんですよ。

坂井先生は、小さいアイスノンを取り出しました。

それを私の腕にあてて、「冷たいですよね?」と聞いてきます。

あちこちあててくれましたが、子宮を取り巻く半径25㎝くらいは、
全く感覚がありません。

「いい感じに効いていますよ。」

そう、この時を境に、

全く痛みを感じなくなりました。

控えめに言って、

超絶快適!!!

やっと、頭の近くで見守ってくれる、次男と手をタッチすることができました。

もうすぐだからね~~って、談笑なんぞ、できてしまったり。

「はい、ぽにさん、また陣痛きますよ~」

どうぞどうぞ。

全然、痛くない。

むしろ、今までは痛みで赤ちゃんがどこにいるかとか、余裕もなかったのですが、下がっているのが分かります。

何となくだけど。

時々、生理痛のようなジーンはありますが、『陣痛』のそれとは全然違います。

すると、のんびりめの産婦人科の先生が、

子宮口10㎝

と言いました。

「もう、完全に全開だね。次の波で、いきんでみようか。」

うむむむむ~~~

いきむ妊婦。

私は、いきむのがあまり上手じゃないようで、

1人目は吸引で何とか出しました。

また、1人目も2人目も切開が必要でした。

産科医「うん。まだだ。切開と吸引だね。」

この処置、麻酔をしてもめっちゃ痛かった記憶があります。

ところが・・

痛くない。

さすが。

無痛。

すると、3人いた助産師さんの2人がザワついています。

何だかよく分からないけど、慌てている感じ。

メインの助産師さんが、

「もう生まれるからね~」

と声をかけてくれます。

私は、夫に、長男も呼んできて欲しいとお願いしました。

そして、ビデオも撮って欲しいと。

夫は、ガッテン!と言いながら、長男を迎えにいきました。

次男、1人、キチンと座りながら私を見つめています。

唐突に、助産師さんの1人が、夫のビデオカメラを回し始めました。

何と行き届いたサービス!と思っていると、

例の、のんびりした産科医の先生が、

「誰か、お腹押して!!!」

と叫びました。

助産師①⇒メイン助産師、先生と共に取り出す準備

助産師②⇒ビデオ撮影

助産師③⇒行方不明

あれ?

吸引しているのに、誰も押す人がいない。

そこで、お腹を思いっきり押してくれた人がいます。

そう、

坂井先生!!!

麻酔科医が必死になって押しています。

タイミングもバッチリ。

で、慌てて行方不明だった助産師さんが帰ってきて、一緒に押す。

今回のいきみでは、まだ出てこない。

夫が爆睡した長男をつれて、処置室に戻ってきました。

よし、約1名寝ていますが、家族全員で三男を迎えることができます。

のんきな先生が真剣に、

「ぽにさん、次でいくよ。頑張っていきんでね。」

分かりました。

痛みがないので、冷静に、いきめそうです。

もちろん、感覚もないので、その自信がどこからくるのかは謎。

いざ。

赤ちゃんの心拍と張りのモニターから、ド・ド・ドと音が聞こえます。

ド・ド・ドドドド

よし、きた。

陣痛の波だ。

子宮の入り口に頭があるのが何となくわかります。

イケーーーー!!!

ふ~~~~~

・・・・

産まれました

スルーっと足に当たる感覚。

オギャーとは泣かずに、シンシンと啜っているような音が聞こえます。

えっ、大丈夫なの?

泣いていないような気がする。

産科医の先生「大丈夫ですからね。」

すると、

おぎゃーーおぎゃーー

小さく、泣き出しました。

やったーー無事に生まれたよ~~

2月吉日。

第三子が無事にこの世に誕生した瞬間でした。

赤ちゃん

良かった~

生まれてきてくれて、ありがとうね。

これから、一緒に人生を楽しもうね。

産院の皆さん、ありがとうございます。

皆さんのおかげです~~

無痛だったからこそ、頭が回り、いろいろ声掛けができたように思います。

・・・・

ちょっと小話

しばらくして、行方不明だった助産師さんが、謝ってきました。

「ぽにさん、ごめんなさい。病院の出産ビデオが撮れませんでした。」

そういえば、出産時に希望者にビデオ撮影(定点カメラ)サービスをしているこの病院。

たまたま今回、ビデオが動かなかったようです。

生まれる瞬間を撮るために、慌てて不具合を見に行った+もう1人の助産師さんが夫のビデオで撮影したとのこと。

そのため、お腹を押すのに人手が足りなかったようです。

どちらにしても、そのいきみでは産まれず、

坂井先生も押してくれたので、まぁドンマイということで。

出産時のビデオ、見守る家族の姿もぜーんぶ助産師さんが撮影してくれました。

この映像は、感動しました。

で、坂井先生から衝撃の提案が。

麻酔科医からの提案

出産が終わり、子供を胸に抱いて、カンガルーケアをしている私に坂井先生が話しかけてきました。

「ぽにさん、おつかれさまでした。」

ありがとうございます。先生、無痛分娩して良かったです。

一番辛い時に、痛みがなくて、助かりました。

「それは良かった。

そうそう、今回ね、麻酔全然使ってないの。

だからね、

ぽにさんの無痛分娩代、

半額にしておくからね。

じゃあね。私はこれで失礼します。」

・・・へっ

そんなことって、あるの?

ビックリ

冗談かしら・・

さて、

普通分娩と比べて

どうなのか。

結論から言うと、

普通分娩より、

お産時は、快適+楽しいです。

何よりも『妊娠期』の負担が減ります。

私のようなチキン人間は、妊娠している時、今回も痛いんだろうか・・と何度も不安になりました。

そんな時、無痛分娩だから大丈夫!というお守りがあったのは大きかったな。

そして、分娩後も負担が軽減しました。

1人目も2人目出産後、興奮して何時間も眠れませんでした。

それこそ、48時間くらい目がさえていました。

辛く、身体が一向に休まらず、

退院しても疲れが長引いたような気がします。

今回、麻酔のおかげか、終わった後にうつらうつらと眠たくなりました。

別室で2時間ほど眠らせてもらい、起きた時はある程度スッキリしていました。

その後も、麻酔が効いていたのか、

今までの中で一番よく眠れました。

産後の体力やあれこれ

現在、産後、1週間ほど経ちました。

無痛分娩だから、母乳が出るとか、

産後の子供のお世話がラクだとか、

そんなことはないです。

いつもと同じで、大変な所はちゃんと大変

あくまで、お産をする時に、痛みがないだけであって、

産後のあれこれに影響しません(私の場合)。

そうそう、坂井先生の半額の提案、

冗談かと思っていましたが、退院時の請求書をみると・・

無痛分娩

本当に半額になってる(滝汗)。

請求書は、『和痛分娩』なのね・・

先生、何から何までありがとうございます。

では、最後、

無痛分娩はお薦めかどうか。

・・超絶オススメ

私は、もしも次にお産の機会があったら、

必ず、無痛分娩を選びます。

ただ、誰しもが、手放しにチャレンジできる訳でもないと思います。

出来る産院が遠かったり、1回目で書いたような、自然分娩ではしなかった、説明会や面談にも行かなければなりません。

お金もプラスでかかります。

一方で、痛みがないのは最高です。

もしも、条件が合えば、チャレンジするのも悪くないと思います。

さぁ、新生児+保育園児+小1

の育児が待ち受けています。

これからの日々は、『無痛』では済まない予感・・・ハハハ

では、またです!

掲載元はこちら

関連記事

最近の記事

  1. 産前産後の女性を支援する「出産保険」産婦人科医監修のもと新発売!

  2. 産後の授乳期用「吸水ブラレット」が、フェムテックブランド「Rinē(リネ)から発売

  3. ベビーギフトのMARLMARLから秋冬の新アイテムが登場!

  4. 出産準備リストの参考に。これいる?いらない?ママに聞くベビーグッズ3選

  5. 出産お祝いに。「KIJI ザ・ファーストスプーン」がクラウドファンディングを実施中

  6. 出産直後~産後4か月のママ・パパへ。“声”だけでできる、心身チェックのモニター募集